朱色(読み)しゅいろ

  • しゅしょく

色名がわかる辞典の解説

色名の一つ。JISの色彩規格では「あざやかなみの」としている。一般に、朱肉のような少し黄色がかった赤のこと。もとは鉱石の辰砂しんしゃから採れる天然の顔料をさしたが、非常に貴重品であるため、硫化水銀を主成分とする無機朱色顔料が作り出された。これを区別して銀朱ともいう。英名のバーミリオン(vermilion)に近い。顔料や朱肉のほか、漆器の塗装や絵の具に用いられる。中国から伝えられた五行説では「木火土金水」の「火」に相当する色を「赤」と表記し、季節では夏を表すが、夏の別名を「朱夏しゅか」というように本来は朱色とされる。方位は南で、南を守る神がすざく平城京平安京大内裏だいだいりの南門を朱雀門という。赤は朱を含む赤系統の色の総称

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 朱の色。赤い色。しゅしょく。
※行人(1912‐13)〈夏目漱石〉塵労「朱色(シュイロ)の着物の上に」
〘名〙 朱の色。しゅいろ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

朱色の関連情報