コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュティフト教会 シュティフトきょうかい

1件 の用語解説(シュティフト教会の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

シュティフトきょうかい【シュティフト教会】

ドイツ南部、バーデンビュルテンベルク州の大学都市テュービンゲン(Tübingen)の旧市街、マルクト広場にある教会。この教会は15世紀にゴシック様式で建てられたが、第二次世界大戦で破壊され、戦後に後期ゴシック様式の教会として再建された。1つの身廊(しんろう)と2つの側廊を持つバシリカ風の構造をしている。塔の最上階に登ると、木組みの赤屋根の建物が続くテュービンゲンの家並みを一望できる。◇正式名称は「聖ゲオルク参事会教会」。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュティフト教会の関連キーワードビュルテンベルクカールスルーエ城カールテオドール橋ギーンゲンバーデンウュルテンベルクバーデンビュルテンベルクマイナウ島ルートウィヒスブルク城ハイルブロン・ヴュルテンベルク室内管弦楽団バーデン・ビュルテンベルク

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone