シュバル(英語表記)Joseph Ferdinand Cheval

世界大百科事典 第2版の解説

シュバル【Joseph Ferdinand Cheval】

1836‐1924
フランス南東部,ドローム県の田舎町オートリーブHauterivesの人。死後ブルトンらによって発見された素人建築家で,その本業のゆえに〈郵便配達夫シュバルle Facteur Cheval〉と呼ばれる。毎日の郵便配達の帰り道で見つけた奇妙な形の石や貝殻を庭に積み上げ,彫刻し,ただひとりで巨大な〈理想の宮殿〉を造りあげた(1879‐1912)。現存するこの建築物はきわめて幻想的なもので,どんな専門的知識の影響もうけていないが,ある点ではガウディらのアール・ヌーボー建築と通じるものをもち,シュルレアリスムの先駆をなしてもいる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android