先駆(読み)せんく

精選版 日本国語大辞典「先駆」の解説

せん‐く【先駆】

〘名〙
① 馬に乗って先導すること。また、その人。さきがけ。さきのり。
※史記抄(1477)三「道を除(はら)うとて狼籍なるやしんの者かあらうすらとて、先駆するを云そ」 〔漢書‐周勃伝〕
② 他に先立って物事をすること。また、その人。さきがけ。
※新論(1825)虜情「則将安知鄂羅内自潜伏、誘諳厄利先駆、深其機上レ形迹也」
※夜明け前(1932‐35)〈島崎藤村〉第一部「一代の先駆、荷田春満をはじめ、賀茂真淵、本居宣長、平田篤胤」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android