先駆(読み)せんく

精選版 日本国語大辞典 「先駆」の意味・読み・例文・類語

せん‐く【先駆】

〘名〙
① 馬に乗って先導すること。また、その人。さきがけ。さきのり。
史記抄(1477)三「道を除(はら)うとて狼籍なるやしんの者かあらうすらとて、先駆するを云そ」 〔漢書‐周勃伝〕
② 他に先立って物事をすること。また、その人。さきがけ。
新論(1825)虜情「則将安知鄂羅内自潜伏、誘諳厄利先駆、深其機上レ形迹也」
夜明け前(1932‐35)〈島崎藤村〉第一部「一代の先駆、荷田春満をはじめ、賀茂真淵本居宣長平田篤胤

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「先駆」の意味・読み・例文・類語

せん‐く【先駆】

[名](スル)
他に先がけて物事をすること。また、その人。さきがけ。「先駆をなす」
雑誌の方も―して荊棘けいきょくをひらいたのが」〈佐藤春夫晶子曼陀羅
前駆ぜんく1」に同じ。
[類語]先駆け一番槍抜け駆け先駆者一番手一番乗り先んずる先んじる先立つ先駆ける先走る先に立つ先頭を切る先行先導主導誘導率先音頭取り前駆先回りリード

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「先駆」の読み・字形・画数・意味

【先駆】せんく

さきがけ。また、行列の前導。〔史記、孟子伝〕(衍(すうえん))燕に如(ゆ)く。昭王、彗(箒(ほうき))を擁して先驅し、ひて弟子の座に列して業を受け、碣石の宮をき、身親(みづか)らきて之れを師とす。

字通「先」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android