コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュマルゾー August Schmarsow

世界大百科事典 第2版の解説

シュマルゾー【August Schmarsow】

1853‐1936
ドイツの美術史家で芸術学の開拓者の一人。1893年から1919年までライプチヒ大学美術史学教授をつとめた。美術史家としてはイタリア・ルネサンス美術を研究し,芸術学者としては,芸術活動を規制するのは外界と創造的にかかわる人間の身体構造であるとみて,身体の高さ,幅,奥行きから比例,対称,律動という創作上の主要形式原理を導出,その広範な洞察は建築空間論をはじめ影響多大である。主著として《芸術学の基礎概念》(1905)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シュマルゾーの関連キーワード5月26日

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android