シュミット, フロラン(フローラン)(読み)Schmitt, Florent

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

シュミット, フロラン(フローラン)

フランスの作曲家。音楽の勉強を始めたのは10代の後半のことであった。パリ音楽院にて、和声学をラヴィニャックとデュボアに、作曲をマスネとフォーレに師事した。1897年には《カンタータ フレデゴンド》で ...続き

出典 (社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android