勉強(読み)ベンキョウ

デジタル大辞泉の解説

べん‐きょう〔‐キヤウ〕【勉強】

[名](スル)
学問や技芸などを学ぶこと。「徹夜で勉強する」「音楽を勉強する」
物事に精を出すこと。努力すること。
「何時までもこんな事に―するでもなし」〈福沢福翁自伝
経験を積むこと。「今度の仕事はいい勉強になった」
商人が商品を値引きして安く売ること。「思い切って勉強しておきます」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

べんきょう【勉強】

( 名 ) スル
学問や技芸を学ぶこと。学習。 「 -部屋」 「おそくまで-している」
ある目的のための修業や経験をすること。 「何事も-だ」
(商人が)商品の値段を安くして売ること。 「 -しますのでお買い下さい」
物事にはげむこと。努力すること。 「職業に-する精神あること/西国立志編 正直
気が進まないことをしかたなくすること。 「 -して櫓を揺しゐたれば/甲子夜話」 〔中村正直訳「西国立志編」(1871年)では中国古典の「中庸」と同じくの意で用いる。「小学読本」(1873年)は現在と同じ意〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

べん‐きょう ‥キャウ【勉強】

〘名〙
① (形動) 努力をして困難に立ち向かうこと。熱心に物事を行なうこと。励むこと。また、そのさま。
※古活字本毛詩抄(17C前)二「力の叶わぬ所、心のかなわぬ所をつとめてするぞ。勉強と云ぞ」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉九「その余は、勉強なる農民に借し」 〔礼記‐中庸〕
② 気がすすまないことを、しかたなしにすること。
※通俗酔菩提全伝(1759)一「弟子今出家す。乃(すなはち)性の安ずる所にして半点の勉強(ベンキャウ)(〈注〉シイテスル)なし」
③ 将来のために学問や技術などを学ぶこと。学校の各教科や、珠算・習字などの実用的な知識・技術を習い覚えること。学習。また、社会生活や仕事などで修業や経験を積むこと。
※新聞雑誌‐一七号・明治四年(1871)一〇月「今の学者豈一層勉強せざる可んや」
④ 商品を安く売ること。商品を値引きして売ること。また、比喩的に用いて、大目に見ること。おまけをすること。
※花間鶯(1887‐88)〈末広鉄腸〉中「勉強(ベンキャウ)をして千円で御引き受け申さう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勉強の関連情報