コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勉強 ベンキョウ

デジタル大辞泉の解説

べん‐きょう〔‐キヤウ〕【勉強】

[名](スル)
学問や技芸などを学ぶこと。「徹夜で勉強する」「音楽を勉強する」
物事に精を出すこと。努力すること。
「何時までもこんな事に―するでもなし」〈福沢福翁自伝
経験を積むこと。「今度の仕事はいい勉強になった」
商人が商品を値引きして安く売ること。「思い切って勉強しておきます」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

べんきょう【勉強】

( 名 ) スル
学問や技芸を学ぶこと。学習。 「 -部屋」 「おそくまで-している」
ある目的のための修業や経験をすること。 「何事も-だ」
(商人が)商品の値段を安くして売ること。 「 -しますのでお買い下さい」
物事にはげむこと。努力すること。 「職業に-する精神あること/西国立志編 正直
気が進まないことをしかたなくすること。 「 -して櫓を揺しゐたれば/甲子夜話」 〔中村正直訳「西国立志編」(1871年)では中国古典の「中庸」と同じくの意で用いる。「小学読本」(1873年)は現在と同じ意〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

勉強の関連キーワードCourse Load教うるは学ぶの半ばホレス アーノルドラルフ ボーエンエンジンが掛かるmy paceオーバーワークハードワーカーリビング学習ほっぽり出すデスクワーク打っ遣らかすスタディー身を入れる心を痛める鼻息を窺う点取り虫重点主義暇を盗む清書無筆

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勉強の関連情報