コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュムシュ[島] シュムシュ

2件 の用語解説(シュムシュ[島]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

シュムシュ[島]【シュムシュ】

千島列島最北の島。日本名,占守(しむしゅ)島。ロシア領。230km2。全島平原状で最高点は標高190m。幅12kmのシュムシュ海峡を隔ててカムチャツカ半島と対する。
→関連項目ロパトカ[岬]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

シュムシュ[島]【Shumshu】

ロシア連邦東端,千島列島最北東端の火山島。日本名,占守(しむしゆ)島。北はシュムシュ海峡(最狭部12km)を経てカムチャツカ半島ロパトカ岬に,西はパラムシル(幌筵)海峡(最狭部2km)を経てパラムシル島に対する。北東~南西に長く,長さ約30km,幅約18kmの四角張った楕円形をなす。面積約230km2。中央に楯状火山鉢伏山(155m),南西部に三塚山(190m)があり,北東岸には別飛(べつぴ)沼を含む低湿地が広がる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シュムシュ[島]の関連キーワードウルップ島国後島シュムシュ島千島火山帯千島列島ポナペ島火山島ストロンボリ千島海峡Оха

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone