シュムシュ[島](読み)シュムシュ

百科事典マイペディアの解説

シュムシュ[島]【シュムシュ】

千島列島最北の島。日本名,占守(しむしゅ)島。ロシア領。230km2。全島平原状で最高点は標高190m。幅12kmのシュムシュ海峡を隔ててカムチャツカ半島と対する。明治年間に郡司成忠(しげただ)らが開発に尽力,日本領時代は北千島の漁業基地であった。
→関連項目ロパトカ[岬]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シュムシュ[島]【Shumshu】

ロシア連邦東端,千島列島最北東端の火山島。日本名,占守(しむしゆ)島。北はシュムシュ海峡(最狭部12km)を経てカムチャツカ半島ロパトカ岬に,西はパラムシル(幌筵)海峡(最狭部2km)を経てパラムシル島に対する。北東~南西に長く,長さ約30km,幅約18kmの四角張った楕円形をなす。面積約230km2。中央に楯状火山鉢伏山(155m),南西部に三塚山(190m)があり,北東岸には別飛(べつぴ)沼を含む低湿地が広がる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android