コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郡司成忠 ぐんじしげただ

9件 の用語解説(郡司成忠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

郡司成忠
ぐんじしげただ

[生]万延1(1860).11.17. 江戸
[没]1924.8.15. 小田原
海軍軍人幸田露伴の兄。 1879年兵学寮を経て少尉補に任官。 93年大尉で予備役に入り,報効義会をつくり,占守 (シュムシュ) 島を探検して移住し,農業,漁業の開発にあたった。北辺の防衛思想の普及に努めたことで知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぐんじ‐しげただ【郡司成忠】

[1860~1924]軍人・探検家。東京の生まれ。幸田露伴の兄。海軍大尉。報効義会を設立、北千島占守(しゅむしゅ)島に上陸して開発に当たった。日露戦争後、海事・国防思想の普及に奔走。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

郡司成忠【ぐんじしげただ】

千島開拓に従事した海軍軍人。幸田露伴の兄。北方警備の重要性を説いて報効義会(ほうこうぎかい)を作り,部下とシュムシュ(占守)島開発に努力。日露戦争ではカムチャツカで戦い捕らえられたが脱出。
→関連項目白瀬矗

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

郡司成忠 ぐんじ-なりただ

1860-1924 明治-大正時代の軍人,開拓者。
万延元年11月17日生まれ。幸田露伴の兄。千島開拓をこころざし,明治26年海軍を大尉で退役。同年報効義会を組織し,千島列島北端の占守(しゅむしゅ)島に上陸。29年会員,家族らと同島に移住。のち沿海州水産組合長をつとめた。大正13年8月15日死去。65歳。江戸出身。海軍兵学校卒。本姓は幸田。名は「しげただ」ともよむ。

郡司成忠 ぐんじ-しげただ

ぐんじ-なりただ

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

郡司成忠

没年:大正13.8.15(1924)
生年:万延1.11.17(1860.12.28)
明治期の海軍軍人。千島探検家として知られる。江戸生まれ。小説家幸田露伴,史学者幸田成友の実兄。郡司家へ養子入り。明治5(1872)年海軍兵学寮入り。8年千島樺太交換条約締結後,ロシアに対する脅威から北方の警備防衛,千島開拓の志を抱く。海軍大尉まで進んだが,自らの志の実現のために同26年予備役となる。報效義会を設立,千島探検に乗り出し,陸軍中佐福島安正シベリア単騎旅行とともに話題となった。同年に捨子古丹島,占守島に渡り,十数人で自然環境や拓殖方法を調査。29年家族らと共に占守島に移住,漁業を中心とした拓殖活動を行う。日露戦争開戦後,カムチャツカへの進撃を試みたが失敗し捕虜となる。戦後はロシアから獲得した漁業権益発展のため,沿海州水産組合長を務めた。<参考文献>広瀬彦太『郡司大尉』,原暉之『シベリア出兵

(山村義照)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぐんじしげただ【郡司成忠】

1860‐1924(万延1‐大正13)
千島開拓に従事した海軍軍人。幕臣幸田成延の次男,幸田露伴の兄。海軍兵学寮卒業。1888年海軍大学校に入校したが北辺警備の観点から千島開拓の必要を感じ,93年海軍大尉で予備役に入り,報効義会を組織,同年3月20日35人がボートに分乗して東京を出発,19人は青森県鮫沖で死亡,16人がシュムシュ(占守)島などに上陸,越年中に10人が死亡,96年さらに60人余りの同志を募り,シュムシュ島付近の漁場の開拓に成功した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぐんじしげただ【郡司成忠】

1860~1924) 北方探検家。幸田露伴の兄。東京生まれ。1893年(明治26)、白瀬矗のぶらと報効義会を結成し、北方の防備・開拓のため千島の占守しゆむしゆ島へ上陸。日露戦争後、義勇艦隊を組織。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

郡司成忠
ぐんじなりただ
(1860―1924)

明治後期の軍人、千島開発者。万延(まんえん)元年11月17日幕臣幸田成延(こうだしげのぶ)の次男として江戸に生まれる。成行(しげゆき)(露伴(ろはん))・成友(しげとも)・延子(のぶこ)らの兄。郡司家の養子となる。海軍兵学寮卒業後少尉となり、大尉に累進。1893年(明治26)ロシアに対する北方警備の必要を唱え報効義会(ほうこうぎかい)を設立して、北千島警備と開発を計画し、50人の予備水兵と7隻の端艇(たんてい)(ボート)で東京・隅田川(すみだがわ)を出発。苦難のすえ、占守島(しむしゅとう)に上陸し、千島探検隊の壮挙と喧伝(けんでん)された。1896年ふたたび同島に上陸して開発を行った。日露戦争に際しては同志とカムチャツカに出征したが捕虜となり、戦後は海事・国防思想の普及に努めた。大正13年8月15日没。[佐藤能丸]
『広瀬彦太著『郡司大尉』(1939・鱒書房) ▽寺島柾史著『開拓者郡司大尉』(1942・鶴書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の郡司成忠の言及

【幸田露伴】より

…江戸の,代々幕府に仕えて有職故実にかかわったお坊主衆の家に生まれた。兄に千島探検家の郡司成忠,弟に歴史家の幸田成友,妹に音楽家の幸田延(のぶ),安藤幸(こう)などがいる。少年時から和漢の諸書を耽読し,独自の教養世界の土壌を培った。…

【シュムシュ[島]】より

…パラムシル海峡に面したボイコボ湾(片岡湾,1892年当地を視察した片岡侍従にちなむ)がある。1893年郡司成忠が〈報効義会〉を組織して占守島を調査し,96年にこの地に移住したことで知られる。第2次世界大戦前には千島国占守郡に属した。…

※「郡司成忠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

郡司成忠の関連キーワード徳川達成犬塚惟重坂本俊篤平野勇真木長義吉岡範策吉河為久蔵田中筠彦アブルッツィ海軍軍人

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone