コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュヴァルツシルトのブラックホール Schwarzschild's blackhole

1件 の用語解説(シュヴァルツシルトのブラックホールの意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

シュヴァルツシルトのブラックホール【Schwarzschild's blackhole】

静的で電荷をもたないブラックホールである.球状の「事象の地平面」で囲まれ,中心部に特異点がある.シュヴァルツシルトの外部解*も参照.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュヴァルツシルトのブラックホールの関連キーワードホーキング放射イスラエルの定理カー‐ニューマン解カー‐ニューマンブラックホールカーの時空カーブラックホール毛なし定理富松‐佐藤の解ブラックホール力学の四法則ライスナー‐ノルドストリョームの解

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone