参照(読み)さんしょう(英語表記)reference:cross reference

図書館情報学用語辞典 第5版「参照」の解説

参照

独立した事項同士を関連付け,一方の事項から他方へ指示,案内を行うこと,またはそれを行うもの.書誌,目録索引辞書事典などにおいて用いられる.目録においては,『日本目録規則1987年版改訂3版』用語解説で,“目録の中で,ある標目から他の標目へ導き,案内する役割をもつもの.ある標目を直接他の標目に導く「を見よ参照」と,他に関連の深い標目が存在することを示す「をも見よ参照」とがある”と定義されている.なお.「照」を意味するcross referenceという用語が「相互参照」と訳される.しかし,日本では,互いに「をも見よ参照」を出している事項間の参照のみを「相互参照」と呼ぶことがあり,どちらを指しているかの判断が必要とされる.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

精選版 日本国語大辞典「参照」の解説

さん‐しょう ‥セウ【参照】

〘名〙 他のものと照らし合わせてみること。引きくらべて参考にすること。
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉外「閲者宜しく之を事情の綱領と看做し以て本編の備考と参照す可し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android