シュヴァルツシルトの線素(英語表記)Schwarzschild's line element

法則の辞典の解説

シュヴァルツシルトの線素【Schwarzschild's line element】

アインシュタインの重力場の方程式*の,空間的には球対称で時間的には定常にあるような条件下での(外部解)から求められた線素.

で表される.α はシュヴァルツシルト半径*(=2GM/c2)である.これをシュヴァルツシルトの式*と呼ぶこともある.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android