コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュヴァルツシルト半径 Schwarzschild radius

翻訳|Schwarzschild radius

1件 の用語解説(シュヴァルツシルト半径の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

シュヴァルツシルト半径【Schwarzschild radius】

球対称に分布した質量 M の系の半径 R が,重力の影響で収縮していくと,表面から放出される光の波長は長波長側へと変位する.このとき,RRs(=2GM/c2)という極限値になると,無限の赤方偏倚を受けることになる.この Rs をシュヴァルツシルト半径という.RRs の系はいわゆる「ブラックホール」となり,RRs を事象の地平線という.シュヴァルツシルトの外部解*の項も参照されたい.

古典的に考えると,シュヴァルツシルト半径より内側からのエネルギーは外部へ到達できないことになる(ホーキング効果*の項も参照).

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュヴァルツシルト半径の関連キーワード回転半径向心力デバイ半径ラーモア半径質量単位シュテルンハイマー効果対称分布テイトの法則トールマンの方程式マッカラフの公式

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone