コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュヴァルツシルト半径 Schwarzschild radius

法則の辞典の解説

シュヴァルツシルト半径【Schwarzschild radius】

球対称に分布した質量 M の系の半径 R が,重力の影響で収縮していくと,表面から放出される光の波長は長波長側へと変位する.このとき,RRs(=2GM/c2)という極限値になると,無限の赤方偏倚を受けることになる.この Rs をシュヴァルツシルト半径という.RRs の系はいわゆる「ブラックホール」となり,RRs を事象の地平線という.シュヴァルツシルトの外部解*の項も参照されたい.

古典的に考えると,シュヴァルツシルト半径より内側からのエネルギーは外部へ到達できないことになる(ホーキング効果*の項も参照).

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

シュヴァルツシルト半径の関連キーワードシュヴァルツシルトの外部解シュヴァルツシルトの線素カーブラックホール

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android