シロハラトウゾクカモメ(読み)しろはらとうぞくかもめ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シロハラトウゾクカモメ
しろはらとうぞくかもめ / 白腹盗賊鴎
long-tailed skualong-tailed jaeger
[学]Stercorarius longicaudus

鳥綱チドリ目トウゾクカモメ科の海鳥。全長約54センチメートル。極北ツンドラで繁殖し、南半球に渡って越冬する。日本では太平洋沖合いを渡りのときに通過するのがみられる。[長谷川博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のシロハラトウゾクカモメの言及

【トウゾクカモメ(盗賊鷗)】より

…北半球の北部で繁殖し,冬期には南半球に渡る。シロハラトウゾクカモメS.longicaudus(英名long tailed skua)(イラスト)とクロトウゾクカモメS.parasiticus(英名arctic skua)もトウゾクカモメによく似た鳥で,北極圏で繁殖し,南半球で越冬する。3種とも日本では春秋の2回,近海を通過するものが見られるが,春期にその数が多い。…

※「シロハラトウゾクカモメ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android