ジェズ聖堂(読み)じぇずせいどう(英語表記)Il Ges

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジェズ聖堂
じぇずせいどう
Il Ges

ローマにある教会堂。通称はイル・ジェズ。キリストの名をとるこの教会はイエズス会に所属し、その中心となっているが、ローマの数多くの教会建築のなかでも、もっとも豪華なものの一つ。1568年にジャコモ・ビニョーラの設計により建造が開始され、84年に正面部が完成。後のバロック様式教会の原型となった。内部は広い単廊型で数多くの礼拝堂をもち、華やかな装飾を誇る。とくに半円筒穹窿(きゅうりゅう)の天井、円蓋(えんがい)、祭室壁面を飾るバチッチアIl Baciccia(1639―1709)の壮大なフレスコ画、ラピスラズリ(瑠璃(るり))やブロンズ装飾の柱など豪華を極める。左翼廊に聖イグナティウス・デ・ロヨラの遺体を収めた祭壇、右翼廊の祭壇の上には聖フランチェスコ・ザビエルの像がある。[名取四郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android