コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祭壇 さいだん altar

翻訳|altar

8件 の用語解説(祭壇の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

祭壇
さいだん
altar

神,精霊,死霊など超自然的存在に犠牲や供物を捧げるために用いられる壇。古代では土を盛上げただけのものや,自然石をそのまま用いたものから,方形の煉瓦や磨いた石を用いたもの,ペルガモンの祭壇やアラ・パキスの祭壇のような壮麗雄大なものまであるが,一般には神殿内には置かれず,神殿の前や横に設けられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さい‐だん【祭壇】

祭りを行うために設けられた壇。神仏・精霊・死霊などに供え物や祭器・祭具を置く。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

祭壇【さいだん】

神,霊に犠牲や供物をささげる台,また祭器・祭具を置き祭祀に用いる壇。英語ではaltar。古来,各時代・各民族を通じて存在し,それぞれ形態が異なる。古代メソポタミアジッグラトを祭壇と考える説もあって起源はきわめて古い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

防府市歴史用語集の解説

祭壇

 おまつりを行うためにつくられた、少し高い場所のことです。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

葬儀辞典の解説

祭壇

祭礼を行うための壇。聖化された場所で諸宗教の儀礼の中心となります。

出典|葬儀ベストネット
Copyright Interlink. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、内容は地域・宗派によって異なる場合があります。

世界大百科事典 第2版の解説

さいだん【祭壇】

神的存在に供物を供進し,また祭具を設置して祭祀を行う台。祭壇は,台状あるいは板状の自然石を用いた石壇,土を盛りあげて造った土壇,石を積みあげた石積壇,木製の案(あん)(机),地面に獣皮や薦(こも)を敷いて祭壇とするものなどその形態は多様である。祭壇は供進された供物を媒介として神的存在と人との通路づけの場であり,両者をつなぐ儀礼的な聖なる空間を構成する。祭壇の原意についてみると,祭壇を意味するヘブライ語mizbēaḥでは〈犠牲の場所〉で,犠牲動物を屠殺し焼いたり,血をささげる壇か,供進して香をたく壇を意味する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さいだん【祭壇】

宗教的儀式を行うときに、神仏や霊をまつったり、供物を捧げたりするための壇。祭事を行う壇。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

祭壇
さいだん
altar英語
autelフランス語
Altarドイツ語

神的存在や死者に犠牲(いけにえ)や供物(くもつ)を捧(ささ)げて祭祀(さいし)礼拝を営み、それらと人間とがなんらかの交わりをもつ中心的場となる台。宗教、時代、祭祀によって、祭壇の形態は多岐に分かれる。[生野善應]

原始宗教

人が、接する自然環境のさまざまな局面に、超自然的力を感得したとき、神的存在の顕現する場所に任意に祭壇が設置されたが、やがてそれは常設化した形態をとるとともに聖視された。それには特定の巨岩、石積み、土盛りや、平板石を用いた架台(かだい)が多く、一般にその上に祭具が置かれ、また必要に応じて、四方を浄化して、祭壇の拡大化もみられた。神殿の建立は神霊の降臨する祭壇を荘厳にする過程において発生したが、祭壇そのものも、木材、大理石、金属などの精選された材料を用いて、複雑な構造と入念な装飾をもつものがしだいに現れるようになった。また、犠牲を供具(きょうぐ)するために、祭壇の大型化も行われていった。セム人の宗教にその典型がみられる。[生野善應]

セム人の宗教

元来、祭壇は犠牲の羊などを屠(ほふ)り、血を注いだりするためのもので、周囲に溝(みぞ)をつけた大型の架台である。火や香の祭壇が付設されたのは後代であるが、ヘブライ語ミズベーアハMizbaには、動物を供犠(きょうぎ)する台、その供犠物を焼いて香を送る台との両義がある。犠牲を焼いて、それとその芳香を神に献送する営み(燔祭(はんさい))は、神を喜ばせる最高の営みと考えられ、また一方礼拝(れいはい)者と霊が上昇して神との最高の関係が生み出される営みとも考えられたのである。[生野善應]

ユダヤ教

祭壇は神と契約を交わす場としての重要性が高い。モーセは、主(しゅ)より律法を記した石板を授かるべくシナイ山に登る前に、麓(ふもと)で祭壇を築き、犠牲を献じて、契約のしるしとした。古代ユダヤ人が幕屋に設置した燔祭用と焚香(ふんこう)用の両祭壇は、いずれもアカシア材でつくられていたが、神殿が発達したソロモン王時代、燔祭用はフェニキア人の影響とみられる青銅で覆った祭壇、焚香用は、『旧約聖書』によれば、金製であったといい、祭壇が神殿で中核的位置を占めていったことがうかがえる。[生野善應]

キリスト教

その祭壇は、「主の食卓である祭壇」(カトリック)と規定され、また聖卓、聖餐(せいさん)卓(プロテスタント)と称されているように、最後の晩餐の食卓をかたどったものとしてキリスト教初期から存在し、最後の晩餐に倣った食卓を中心に据え、礼拝形式が守られてきたが、祭壇の本質については象徴的意義が強い。イエスの血と肉を表すぶどう酒とパンの供物を献ずる台として、そこに現在するキリストをみ、十字架の犠牲が繰り返されるとするカトリックの祭壇はもとより、信者がイエスの死を記念し、反芻(はんすう)してその意味を知るための媒体的要素が顕著なプロテスタントの聖餐卓にも、その本質には、最後の晩餐とイエスの十字架上の死とを神への宥(なだ)めの供え物と解する聖書の伝承に基づく供犠の観念が、洗練した形で貫いていると考えられる。長方形の石板を4脚で支える卓を祭壇の基本形とし、聖堂の発達とともに、工芸的に優れた祭壇ができた。4~6世紀には浮彫りの天蓋(てんがい)を4円柱で支える上部構造をもつ祭壇(チボリウム型)、中世盛期には祭壇脚部に装飾が施され、可動的な織物の天蓋できらびやかな祭壇(バルダキーノ型)が現れた。北欧には大規模な多翼式祭壇もある。カトリックの祭壇は、聖堂の東方位の内陣部に置かれ、司祭と会衆がそれを挟んで対面しミサを行う。祭壇上に左右に垂れる布地を敷き、聖別されたパンとぶどう酒のほか、中央に十字架、祈祷(きとう)文、聖書、左右に燭台(しょくだい)を置く。プロテスタントの祭壇の様態は一定しないが、近年は正面に聖卓を据え、その上を十字架、燭台、花で飾る教会が多い。[生野善應]

マヤ・アステカの宗教

古代マヤ人の祭壇は人身御供(ひとみごくう)に用いられた。身体を青く塗った犠牲を神殿の中庭に伴い、円形の祭壇において手足を押さえ、肋骨(ろっこつ)を切り開いて心臓をつかみ出し、神官が鮮血を太陽神に献(ささ)げた。アステカの軍神ウィツィロポチトリへの人身御供も著名である。[生野善應]

中国の宗教

皇帝が国家的行事として天帝を祭る儀式を行う祭壇は天壇といい、城都の南郊にて冬至日に祭天の儀が勤められた。天壇は天の円を模して三重の大理石造の円壇丘をなす。現在の北京(ペキン)では、三重の天壇(圜丘(えんきゅう)壇)を含む天への祭礼を行った請施設を、広義の天壇と地祇(ちぎ)を祭る地壇は方形二壇である。[生野善應]

ヒンドゥー教

バラモン祭式において重要な位置を占める祭壇は、『祭壇経』ulva-sutraに基づく。これは、祭壇の場所の認定、祭壇の形式などを説くが、火の祭壇の設置規定に詳しい。火神アグニを祀る火の祭壇はとくに複雑である。パーシー教徒は火の祭壇にて拝火の儀式を行う。[生野善應]

神道

原初の祭壇には、石で囲んだり、石積みをした神霊を招斎する清浄なる場である磐境(いわさか)や、青柴垣(あおふしがき)で囲んだ中に榊(さかき)を立てて玉串(たまぐし)としたり、常磐木(ときわぎ)を立てて神霊憑依(ひょうい)の場を明確にした神籬(ひもろぎ)がある。後代には、神座としての祭壇は神像の坐(いま)す厨子(ずし)や乗輿(じょうよ)の形に荘厳(しょうごん)化し、かつ高壇上に納められた。[生野善應]

仏教

寺院や家庭内の仏(ほとけ)または先祖、成仏(じょうぶつ)せる死者を祀る祭壇は仏壇と称し、奥に仏像や位牌(いはい)を安置し、前面に三具足(みつぐそく)(花立て、燭台、香炉)を置く。法要を行うとき、奉請(ぶじょう)する仏や菩薩(ぼさつ)、または先祖や死者の霊にとって、仏像や位牌が依(よ)り所の役割を果たすと考えられ、それに礼拝(らいはい)し、灯明(とうみょう)、香華(こうげ)、飲食を供える行為は、祭事者の宗教行動の中核をなす。したがって、仏壇は、儀礼中はもとより恒常的に神聖・清浄なる場として保持される。家庭用の仏壇は箱仏壇、単に仏壇とも称し、寺院内の須弥山(しゅみせん)を模す数層の大型仏壇は、須弥壇と称する。仏教の祭壇には、常設的な仏壇のほかに仮設的なものがある。葬儀用の祭壇や盆の精霊(しょうりょう)棚がこれにあたる。通例、仏教でサイダンといえば、葬儀に際し柩(ひつぎ)前に設置する多くの飾り物を並べた雛段(ひなだん)型の白木の祭段をさす。死者の憑霊を想定して紙(し)(死と同音)花(か)を立てるなどから、神道系統の影響が考えられる。[生野善應]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

祭壇の関連キーワード供犠実存供具供進供饌祭具雑器府社礼奠献花台

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

祭壇の関連情報