ジェラール ラトルチュ(英語表記)Gérard Latortue

現代外国人名録2012の解説

ジェラール ラトルチュ
Gérard Latortue


国籍
ハイチ

専門
政治家

肩書
ハイチ首相

生年月日
1934

出生地
ハイチ ゴナイブ

経歴
パリで政治学、経済学などを学んだのち、1960年帰国し、弁護士、ロー・スクール教授に。’63年軍事独裁体制から逃れるため出国し、以後海外で活動、のち国連に加わる。’88年マニガ政権成立で帰国して外相に就任するが、数ケ月後にクーデターで政権が崩壊、まもなく国連に戻る。’94年から米国フロリダ州で国際ビジネスのコンサルタントとして活動。2004年2月アリスティド政権が崩壊、3月首相に指名され、帰国後就任。2006年まで務めた。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android