コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジスルフィラム ジスルフィラムdisulfiram

1件 の用語解説(ジスルフィラムの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ジスルフィラム(disulfiram)

アルコール依存症の治療薬。嫌酒薬。これを投与したのちアルコールを摂取すると、頭痛・悪心などの副作用を示すため、アルコールを嫌悪するようになる。アンタブスアンタビューズ

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のジスルフィラムの言及

【断酒薬】より

…この薬をあらかじめ投与しておくと,アルコールに対する反応が異常になって不快な症状に苦しむため,慢性アルコール中毒患者が酒をやめたいと望む気持ちを強化してくれる。ジスルフィラムdisulfiram(商品名アンタブース)がある。デンマークの医師がジスルフィラムの駆虫薬としての効果を研究中,それを内服してカクテルパーティに出席し,アルコールで激しい中毒症状を呈したことから断酒薬としての作用が発見されたという。…

※「ジスルフィラム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone