コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抗酒剤 こうしゅざい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

抗酒剤
こうしゅざい

嫌酒剤ともいう。アルコールに対する耐性を低下させることを目的とした薬剤。アンタビュースが有名で,これを服用して飲酒すると,5~15分で顔面紅潮,発汗,心悸亢進,血圧下降,吐き気,嘔吐などが現れる。このような苦痛を経験することで,アルコールを嫌悪するように条件づける。日本では向笠寛が石灰窒素からシアナマイドをつくった。これは水溶液にできる,無味無臭,反応がアンタビュースより穏やか,などの諸点で使いやすく,最近ではアンタビュースよりも広く用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうしゅ‐ざい〔カウシユ‐〕【抗酒剤】

アルコール依存症などで飲酒を控える必要がある人に対して、断酒を目的として処方される薬剤。アルコール分解酵素の働きを阻害する作用があり、服用すると少量の飲酒でも動悸(どうき)・吐き気・頭痛等の不快感を覚える。抗酒薬抗酒癖剤

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

抗酒剤の関連情報