コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悪心 アクシン

デジタル大辞泉の解説

あく‐しん【悪心】

恨みを抱き、悪事をしようとするよこしまな心。

お‐しん〔ヲ‐〕【悪心】

気持ちが悪くて、吐きそうな感じ。吐き気。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おしん【悪心 nausea】

吐き気,嘔気ともいい,今にも嘔吐しそうな不快な感覚をいう。嘔吐に先行することが多い。悪心・嘔吐は嘔吐中枢を刺激されることによってひきおこされる。とくに悪心は,嘔吐反射発生の閾(いき)値に達しない程度の弱い刺激によって発生するものと考えられている。延髄の求心性迷走神経背側核付近にある嘔吐中枢を直接刺激しておこる場合と,第四脳室にある化学受容体が刺激され,それが嘔吐中枢に伝えられておこる場合とがある。胃腸の過度の拡張(イレウスなど消化管の通過障害),腹膜の刺激(腹膜炎),尿路系の拡張(尿路結石),胃腸炎などの腹部臓器疾患,頭蓋内圧亢進(脳腫瘍,脳卒中,髄膜炎),迷路刺激(メニエール病乗物酔い),モルヒネ,アポモルフィン,ジギタリス,アルコール等の薬剤や代謝毒素(ブドウ球菌毒素,尿毒症妊娠悪阻肝障害)などによる刺激,視・嗅(きゆう)・味覚領域の刺激,心因性等を原因として発生する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あくしん【悪心】

悪い事をしようとする心。他人に害を加えようとする心。 「 -を抱く」 → おしん(悪心)

おしん【悪心】

胸がむかむかして、吐き気のすること。嘔気おうき。 〔「あくしん」と読めば別語〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の悪心の言及

【嘔吐】より

…一種の毒物に対する防御反応で,嘔吐に際しては吐き気を伴う。
[吐き気と嘔吐のしくみ]
 吐き気nauseaは悪心ともいい,舌根,咽頭,むなもとに感じる特有の不快感で,〈むかつく〉とも表現され,同時に唾液分泌の増加(なまつば),冷汗,顔面蒼白,脈拍数の増加が起こる。呼吸は深く,速く,不規則になる。…

【嘔吐】より

…一種の毒物に対する防御反応で,嘔吐に際しては吐き気を伴う。
[吐き気と嘔吐のしくみ]
 吐き気nauseaは悪心ともいい,舌根,咽頭,むなもとに感じる特有の不快感で,〈むかつく〉とも表現され,同時に唾液分泌の増加(なまつば),冷汗,顔面蒼白,脈拍数の増加が起こる。呼吸は深く,速く,不規則になる。…

※「悪心」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

悪心の関連キーワードセロトニン受容体拮抗薬胃潰瘍/十二指腸潰瘍フェノバルビタールジメンヒドリナートダンピング症候群二塩化エチレンジスルフィラム小半夏加茯苓湯肝てつ(蛭)症くも膜下出血里見【とん】嘔吐(生理)隠悪・陰悪小型条虫症流行性嘔吐阿片中毒幽門狭窄入れ込みべくんば内臓感覚

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android