コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャライ族 ジャライぞく Djarai

1件 の用語解説(ジャライ族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャライ族
ジャライぞく
Djarai

インドシナ半島のアンナン南部,ダルラク高原の先住民モイ諸族の一民族で,言語はオーストロネシア語族に属する。母系外婚氏族組織をもち,妻方居住婚行われる。かつては火の王,水の王と呼ばれる祭司王がいた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のジャライ族の言及

【モンタニャール】より

…(1)ベトナム,カンボジア,ラオスの旧フランス領インドシナ地域に住む山岳少数民族の総称。アウストロアジア語族のモン・クメール語族に属する言語を話すバナール族Bahnar,セダン族Sedang,ロベン族Loven等とともに,アウストロネシア(マレー・ポリネシア)語族に属する言語を使用するジャライ族Jarai,ラグライ族Raglai,ラデー族Rhadé等を含んでいる。彼らは古くから平地の支配民族(ベトナム人,クメール族,ラオ族等)と対立抗争を繰り返してきたため,支配民族によってモイ(野蛮人)とかカー(奴隷)とかいう総称的蔑称で呼ばれ,政策的配慮の埒外に置かれてきた。…

※「ジャライ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ジャライ族の関連キーワードインドシナ半島林邑インドシナ語族仏領インドシナ南アジア語族目箒東インドバンダルラブアンアンダルスアンナン[山脈]

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone