コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャンドゥーバ Jendouba

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャンドゥーバ
Jendouba

アラビア語ではスークアルアルバー Souk al-Arbaā。チュニジア北西部の同名の県の県都。メジェルダ川中流に位置し,フランス保護領時代 (1881~1955) の,アルジェリア-チュニス間の鉄道開通と並行して発展し,現在は農業集散地として,穀物,特に小麦を輸出している。町の北方約 8kmに,ヌミディア時代からローマ時代にブッフレギアとして知られた町の遺跡がある。人口3万 8585 (1989推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ジャンドゥーバ(Jendouba)

チュニジア北西部の都市。交通の要地ブラレジアシャムトゥなど、古代ローマ時代の遺跡への観光拠点になっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ジャンドゥーバの関連キーワードジャンドゥーバ県エルケフ

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android