ジャンブール(英語表記)Dzhambul

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャンブール
Dzhambul

カザフスタン南部,ジャンブール州の州都。キルギス山脈北西麓,タラス川扇状地のオアシスの中心都市。シルクロードの要地として7世紀からタラスの名で知られたが,13世紀にチンギス・ハンに破壊された。 18世紀末にこの地に築かれたコカンド・ハン国の要塞を中心に新たにアウリエアタ Aulie Ataの町ができ,1864年ロシア領となった。 1938年カザフの詩人ジャンブール・ジャバーエフを記念して現市名に改称。製糖コンビナートをはじめ,羊毛加工,農業機械および部品,ゴム製品,過リン酸肥料,皮革,食品などの工場がある。タシケントアルマトイを結ぶ鉄道が通り,リン灰石採掘地カラタウへの鉄道が分岐している。人口 31万 2300 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android