皮革(読み)ひかく(英語表記)leather

翻訳|leather

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「皮革」の解説

皮革
ひかく
leather

動物の生を,なめしによって腐敗しない安定した状態にしたもの。広義には人工皮革模造皮革なども含める。皮は,なめすと腐敗しにくくなり,柔軟性,弾性に富み,耐熱・耐水性が高くなる。なめし技術の歴史はく,狩猟時代に始るといわれるが,工業的な皮革製造技術は 19世紀後半からである。日本でも昔から独特のなめし法が行われたが,明治になってから外国技術を導入して近代工業として発展した。現在は,タンニンなめしクロムなめしが最も広く用いられている。皮革は動物の種類と加工法によって各種に分類され,いろいろの名称がある。原料皮は,大きさによってハイドスキンに分け,動物によって,牛皮,馬皮,シカ皮,ヒツジ皮,ワニ皮その他に分ける。また製品革には,靴底革,ぬめ革,銀付甲革,ガラス張り甲皮,スエード,型押革,床革などの種類がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「皮革」の解説

ひ‐かく【皮革】

〘名〙 なま皮と加工したなめし革。また、動物のかわ類の総称
※新聞雑誌‐四五号附録・明治五年(1872)五月「動学により牧畜其他諸獣票質或は乳汁、皮革、角骨、の利用をかにし」 〔春秋左伝‐隠公五年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「皮革」の解説

【皮革】ひかく

。〔左伝、隠五年〕皮革齒、骨角毛の、(用)に登らざるを、則ち射ざるは、古の制なり。(か)の山林川澤の實、用の(ごと)きは、隷(さうれい)の事、宮司なり。

字通「皮」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android