コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュハー Juḥā

世界大百科事典 第2版の解説

ジュハー【Juḥā】

イスラム時代初期のアラブの頓智にたけた人物。8世紀初頭に生きたヌーフ・アブー・アルグスンNūḥ Abū al‐Ghuṣnだとする説が最も有力。機智,狡猾さ,とぼけ,愚行のさまざまな逸話を残すが,10世紀ころからそれらが収集される段階で,人を楽しませるような同類の話の多くが,彼に仮託される結果となった。イスラム世界の拡大と文化の融合に伴い,中東一帯の娯楽物語の代表的人物となり,トルコに流布しているナスレッディン・ホジャも同一視されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ジュハーの関連キーワード座禅(坐禅)イスラム

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジュハーの関連情報