同類(読み)どうるい

精選版 日本国語大辞典「同類」の解説

どう‐るい【同類】

〘名〙
① 同じ種類。同じたぐい等類
※名語記(1275)五「かやうに同ならざれば」
※尋常小学読本(1887)〈文部省〉七「同類の植物をふやさんが為めなり」 〔孟子告子・上〕
② (━する) 同じ仲間となって行動を共にすること。また、その仲間。一族一味。とくに、共犯者をもいう。
※将門記(940頃か)「貞盛は人口の甘きに依り、本意に非ずと雖も暗に同類と為って」
※人情本・春色梅児誉美(1832‐33)四「同類(ドウルイ)の岡八と二人にてうまくお由をだまし」
※筑波問答(1357‐72頃)「よき発句みな同類をのがれず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android