同類(読み)ドウルイ

デジタル大辞泉 「同類」の意味・読み・例文・類語

どう‐るい【同類】

同じ種類。同じたぐい。
同じ種類のもの。同じたぐい。仲間。「傍観していた者も加害者同類だ」
等類とうるい3」に同じ。
[類語](1種類同種同系仲間一類一党徒輩とはいともがらやからたぐい集団一群一団チームパーティー/(2元元同等対等同列同級等し並み同席同位等しい同じ同一等価均等一律一様イコール互角五分符合合致一致吻合ふんごう整合暗合該当適合適応相当即応順応対応照応同質等質見合う当てはまる伯仲五分五分おっつかっつ拮抗きっこうどっこいどっこいとんとん匹敵比肩伍する相半ばする肩を並べる勝るとも劣らない並び立つ負けず劣らずいずれ劣らぬ似たり寄ったり並ぶ団栗どんぐりせい比べ双璧ちょぼちょぼ甲乙付け難い雁行一進一退つば競り合い竜虎相追いつ追われつ抜きつ抜かれつ競り合うせめぎ合う攻防一歩も引かぬ一緒同前同然同上共通同様そのまま

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「同類」の意味・読み・例文・類語

どう‐るい【同類】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 同じ種類。同じたぐい。等類。
    1. [初出の実例]「かやうに同類ならざれば」(出典:名語記(1275)五)
    2. 「同類の植物をふやさんが為めなり」(出典:尋常小学読本(1887)〈文部省〉七)
    3. [その他の文献]〔孟子‐告子・上〕
  3. ( ━する ) 同じ仲間となって行動を共にすること。また、その仲間。一族一味。とくに、共犯者をもいう。
    1. [初出の実例]「貞盛は人口の甘きに依り、本意に非ずと雖も暗に同類と為って」(出典:将門記(940頃か))
    2. 「同類(ドウルイ)の岡八と二人にてうまくお由をだまし」(出典人情本春色梅児誉美(1832‐33)四)
  4. とうるい(等類)
    1. [初出の実例]「よき発句みな同類をのがれず」(出典:筑波問答(1357‐72頃))

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「同類」の読み・字形・画数・意味

【同類】どうるい

同じ種類。仲間。清・黄遵憲〔陸軍官学校開校礼~〕詩 同(とも)に亞細亞(あじあ)に在り 昔より封輯(やはら)ぐ~恃(たの)むは各富強ならんことを 乃ち能く相ひ輔弼(ほひつ)せん 同爭(きそ)つて奮せば 外、日に潛(せんとく)せん

字通「同」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

五節舞

日本の上代芸能の一つ。宮廷で舞われる女舞。大歌 (おおうた) の一つの五節歌曲を伴奏に舞われる。天武天皇が神女の歌舞をみて作ったと伝えられるが,元来は農耕に関係する田舞に発するといわれる。五節の意味は...

五節舞の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android