同類(読み)ドウルイ

デジタル大辞泉の解説

どう‐るい【同類】

同じ種類。同じたぐい。
同じ種類のもの。同じたぐい。仲間。「傍観していた者も加害者と同類だ」
等類(とうるい)3」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どうるい【同類】

同じ種類。同じたぐい。
同じ仲間。 「彼らと-には見られたくない」
等類」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

どう‐るい【同類】

〘名〙
① 同じ種類。同じたぐい等類
※名語記(1275)五「かやうに同類ならざれば」
※尋常小学読本(1887)〈文部省〉七「同類の植物をふやさんが為めなり」 〔孟子‐告子・上〕
② (━する) 同じ仲間となって行動を共にすること。また、その仲間。一族。一味。とくに、共犯者をもいう。
※将門記(940頃か)「貞盛は人口の甘きに依り、本意に非ずと雖も暗に同類と為って」
※人情本・春色梅児誉美(1832‐33)四「同類(ドウルイ)の岡八と二人にてうまくお由をだまし」
※筑波問答(1357‐72頃)「よき発句みな同類をのがれず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

同類の関連情報