スウィート・ジェーン

デジタル大辞泉プラスの解説

スウィート・ジェーン

アメリカのロック・バンド、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの曲。ラスト・アルバム「ローデッド」(1970年)に収録。その後ソロに転向したルー・リードにとっても重要なレパートリーであり、多くのアーティストがカバーするロック・スタンダードとなっている。「ローリング・ストーン」誌が選ぶ最も偉大な500曲第342位。原題《Sweet Jane》。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android