コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スカノ岩 スカノがんscanoite

岩石学辞典の解説

スカノ岩

一部がガラス質の火山岩で,橄欖(かんらん)石アナルサイム安山岩かアナルサイム玄武岩に相当する組成の岩石である.チタンオージャイト橄欖石,アナルサイムと多量の鉄鉱物や燐灰石などが,最終充填物とみられる無色のガラスに含まれる岩石である[Lacroix : 1924].ギズ岩(ghizite)と,黒雲母が含まれずネフェリンがノルム値に含まれることが異なる.イタリア,サルディニア(Sardinia),フェル(Ferru)山のスカノ(Scano)に因む.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

スカノ岩の関連キーワードエセックサイトルージュモント岩ヴィベト岩マデイラ岩ホルト岩

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android