無色(読み)ムショク

デジタル大辞泉の解説

む‐しょく【無色】

色がついていないこと。「無色透明」⇔有色
特定の主義・党派にかたよらないこと。「無色の立場」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

む‐しき【無色】

〘名〙
① 色のないこと。むしょく。〔日葡辞書(1603‐04)〕
② 仏語。
(イ) 色・形のないもの。眼識にとらえることができないもの。⇔有色(うしき)
※道範消息(1243‐49頃)「まことに能観所観を絶して、終に無相の証位にかなうべきにて候、此の証位は無色真如の諦理にもあらず」
(ロ) 「むしきかい(無色界)」の略。
※往生要集(984‐985)大文五「仏能知無量無辺世界、現在衆生心、及諸染浄所縁等、又能知無色衆生諸心
③ 色狂いしないこと。色気のないこと。
※浮世草子・色里三所世帯(1688)中「大臣御一代の無分別はけふの無色(ムシキ)なり」

む‐しょく【無色】

〘名〙
① 色がついていないこと。また、色をつけないこと。〔生物学語彙(1884)〕 〔淮南子‐原道訓〕
② (比喩的に) 意見などが一方にかたよっていないこと。
※憲法講話(1967)〈宮沢俊義〉二「政教分離に立脚する国家は〈略〉宗教的に無色でなくてはならない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報