無色(読み)むしき

精選版 日本国語大辞典「無色」の解説

む‐しき【無色】

〘名〙
のないこと。むしょく。〔日葡辞書(1603‐04)〕
② 仏語。
(イ) 色・形のないもの。眼識にとらえることができないもの。⇔有色(うしき)
※道範消息(1243‐49頃)「まことに能観所観を絶して、終に相の証位にかなうべきにて候、此の証位は無色真如の諦理にもあらず」
(ロ) 「むしきかい(無色界)」の略。
※往生要集(984‐985)大文五「仏能知無量無辺世界、現在衆生心、及諸染浄所縁等、又能知無色衆生諸心
③ 色狂いしないこと。色気のないこと。
※浮世草子・色里三所世帯(1688)中「大臣御一代の無分別はけふの無色(ムシキ)なり」

む‐しょく【無色】

〘名〙
① 色がついていないこと。また、色をつけないこと。〔生物学語彙(1884)〕 〔淮南子‐原道訓〕
② (比喩的に) 意見などが一方にかたよっていないこと。
※憲法講話(1967)〈宮沢俊義〉二「政教分離に立脚する国家は〈略〉宗教的に無色でなくてはならない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「無色」の解説

む‐しょく【無色】

色がついていないこと。「無色透明」⇔有色
特定の主義・党派にかたよらないこと。「無色の立場」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android