燐灰石(読み)りんかいせき

日本大百科全書(ニッポニカ)「燐灰石」の解説

燐灰石
りんかいせき

フッ素燐灰石に代表される鉱物の系列の総称。かつてはフッ素灰石がもっとも普通の燐灰石系鉱物であったため、単に燐灰石といえばフッ素燐灰石をさしていたが、現在は細分された名称が用いられている。したがって鉱物学的には、フッ素燐灰石、水酸燐灰石塩素燐灰石、単斜型塩素燐灰石の4種類の独立種を含むことになる。

[加藤 昭]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「燐灰石」の解説

りんかい‐せき〔リンクワイ‐〕【×燐灰石】

弗素ふっそ塩素を含むカルシウム燐酸塩鉱物。ふつう無色透明であるが、ときに白色・淡青色・淡緑色・黄色などを呈し、ガラス光沢がある。柱状・板状結晶または粒状。六方晶系の原料鉱石。肥料医薬などに利用。アパタイト

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「燐灰石」の解説

りんかい‐せき リンクヮイ‥【燐灰石】

〘名〙 弗素・塩素を含むカルシウムの燐酸塩鉱物。通常無色透明だが、ときに緑・青などを帯び、ガラス光沢を有し、もろい。六方晶系、柱状、針状結晶。火成岩や鉱脈中に産する。肥料や医薬用。〔鉱物字彙(1890)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android