燐灰石(読み)リンカイセキ

大辞林 第三版の解説

りんかいせき【燐灰石】

リン酸カルシウム(フッ素・塩素などを含む)を主成分とする鉱物。骨や歯の主要構成物。六方晶系、柱状または板状結晶。褐色・緑色・灰色、多くは半透明。各種岩石に含まれる。リンの主要鉱石。人工的にも合成され、人工骨・歯の材料とし、また感ガス・感湿センサーとして用いる。アパタイト。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

燐灰石
りんかいせき

フッ素燐灰石に代表される鉱物の系列の総称。かつてはフッ素燐灰石がもっとも普通の燐灰石系鉱物であったため、単に燐灰石といえばフッ素燐灰石をさしていたが、現在は細分された名称が用いられている。したがって鉱物学的には、フッ素燐灰石、水酸燐灰石塩素燐灰石、単斜型塩素燐灰石の4種類の独立種を含むことになる。[加藤 昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android