スカムレングの丘(読み)すかむれんぐのおか(英語表記)Skamlingsbanken

日本大百科全書(ニッポニカ)「スカムレングの丘」の解説

スカムレングの丘
すかむれんぐのおか
Skamlingsbanken

19世紀のデンマーク・ナショナリズム運動ゆかりの地。ユトランド半島南部東岸、コリング市の南10キロメートルの位置にある。スリースウィ(ドイツ語名シュレスウィヒ)公爵領のデンマーク王国境界に近い公爵領最高点(標高113メートル)のこの丘で、1843~59年デンマーク民族祭典が毎年開かれ、王国と公爵領双方からデンマーク人が参集し、ドイツ文化の優位性に抗して北欧人・デンマーク人としての誇りが語られた。1863年以来、16メートルの石のオベリスクが建っており、第二次スリースウィ戦争後、ドイツ統治下(1864~1920)のデンマーク少数民族の存在の象徴的記念碑となり、スリースウィ北部地方の祖国復帰後、1930年代にはドイツのナチス運動に対抗して「デンマーク青年国境防衛団」の集会当地で開かれた。

[村井誠人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android