王国(読み)おうこく

精選版 日本国語大辞典「王国」の解説

おう‐こく ワウ‥【王国】

〘名〙
① 王が支配する国。王を君主とする国。
※史記抄(1477)五「秦はもとは王国とて諸侯王であったか」 〔書経‐立政〕
② 一つの大きな勢力として栄えている地域や団体をたとえていう。
※日本文化の雑種性(1955)〈加藤周一〉三「ドイツ音楽の世界よりも豊かな音楽の王国はどこにもないだろう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「王国」の解説

おう‐こく〔ワウ‐〕【王国】

王を主権者とする国。「デンマーク王国
その物事が非常な勢力をもって栄えている組織・地域をたとえていう。「野球王国

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android