コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スズキ ハヤブサ

1件 の用語解説(スズキ ハヤブサの意味・用語解説を検索)

日本の自動車技術240選の解説

スズキ ハヤブサ

先進の電子フューエルインジェクションシステムを採用した1299cc4気筒DOHCエンジンを搭載している。エンジンには、高速メッキシリンダーが採用され、シリンダーブロックやクランクシャフトのコンパクト化、軽量化が図られ、優れたピストンの冷却効率を実現している。また、マルチリフレクターロービームとプロジェクターハイビームを特徴的な縦2灯にレイアウトし、その両サイドに過給圧を導入する大きなエアインテークを走行風圧が最大となるポイントを選んで配置し、馬力・トルクを大きくアップしている。大容量のクラッチは、歯切れの良いギアの噛み合わせ、軽いクラッチフィーリングに貢献している。ワンピース構造のフロントフェンダーやエアインテークといったカウルパーツ周りの入念なデザインラジエターやオイルクーラー位置の最適化により、空力性能を最適化している。保管場所スズキプラザ(〒432-8611静岡県浜松市南区高塚町300)
製作(製造)年1998
製作者(社)スズキ株式会社
資料の種類量産品
現状展示(動態)・公開
車名スズキGSX1300R(隼)
型式A1(欧州仕様)
会社名スズキ株式会社
車種・用途自動二輪車
実車所在/模型スズキ株式会社
製作開始年1998
設計者スズキ株式会社
スタイルオートバイ
乗員2名
車両重量248kg
前軸重126kg
後軸重122kg
全長2140mm
全幅740mm
全高1155mm
前照灯ハロゲン
タイヤサイズ(前)120/70ZR17MC(58W)
タイヤサイズ(後)190/50ZR17MC(73W)
フレームアルミダイヤモンドフレーム
懸架方式(前)テレスコピック式
懸架方式(後)スイングアーム式
軸距1485mm
車高調整なし
ステアリングセパレートハンドル
ブレーキ(前)油圧式ダブルディスク
ブレーキ(後)油圧式シングルディスク
ダンパー(前)あり
ダンパー(後)あり
走行安定装置ステアリングダンパー
種類水冷4サイクルガソリン
気筒配列直4横置
弁機構DOHC 4バルブ
気化器FI
内径x行程81.0×63.0mm
排気量1299cm3
点火系フルトランジスタ
最高出力/回転数128.7kw/9800rpm
最大トルク/回転数138.2N・m/7000rpm
排気浄化2次エアー+酸化触媒
過給機なし
潤滑方式ウェットサンプ
始動方式セルフ式
燃料タンク容量22?
変速機6速リターン
動力伝達方式チェーン式
クラッチ形式湿式多板-コイルスプリング
特徴フューエルインジェクション

出典|社団法人自動車技術会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スズキ ハヤブサの関連キーワードSQLインジェクションインジェクションフューエルゲージインジェクターエレクトロニックフューエルインジェクションパパイアインジェクションフューエルインジェクションスチームインジェクションインジェクショナイトエコール・インジェクション

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone