ピストン(英語表記)Piston, Walter (Hamor)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピストン
Piston, Walter (Hamor)

[生]1894.1.20. メーン,ロックランド
[没]1976.11.12. マサチューセッツ,ベルモント
アメリカの作曲家。マサチューセッツ美術学校に学んだのち,ハーバード大学で音楽を専攻。 1924年パリに留学し,N.ブーランジェに作曲を師事。 26年帰国,ハーバード大学講師,44年教授。その間 28年ボストン交響楽団により『交響的作品』が紹介され,成功を収めた。クーリッジ賞,ニューヨーク批評家賞,ピュリッツァー賞などを受賞。著書『和声法』 Harmony (1941) ,『対位法』 Counterpoint (47) ,『管弦楽法』 Orchestration (55) 。主要作品はバレエ音楽『不思議な笛吹き』 (1938) ,交響曲7曲。

ピストン
piston

往復機関またはポンプシリンダ内を往復運動する円筒状の部分。往復機関ではピストンの上昇により空気あるいは混合気を圧縮し,燃焼ガスの力により押下げられ,その力はピストン棒または連接棒 (コネクティング・ロッド) を経てクランク軸に伝えられ,動力として取出される。シリンダとの間の気密を保つために,外周に数個のピストンリングがはめこまれる。ピストンは高い温度と圧力を受け,高速運動をするので,熱膨張の少い,熱伝導のよい軽い金属が用いられることが多い。回転ピストン機関ではガス圧を受けるロータの部分をピストンと呼ぶこともある (→ロータリーエンジン ) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ピストン(piston)

内燃機関蒸気機関シリンダー内を往復運動する円板状または円柱状の部品。流体から圧力を受けたり、流体を圧縮したりしてエネルギーの授受を行う。
半音階が吹奏できるように、金管楽器に取り付けられた管長を変える装置。
休みなく往復を繰り返すこと。「送迎バスをピストンで運転させる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ピストン

米国のイタリア系作曲家,音楽教育家。画家を志したのち音楽に転じ,ハーバード大学で作曲を学ぶ。1924年−1926年パリでN.ブーランジェデュカースに師事し,帰国後の1926年母校講師となり1944年−1960年教授。E.C.カーターバーンスタインらを教えた。米国の新古典主義を代表する作曲家の一人で,8つの交響曲(1937年−1965年)のほか,バレエ音楽《ふしぎな笛吹き》(1938年)などの多くの管弦楽作品,室内楽曲がある。著書に《和声学》(1941年),《管弦楽法》(1955年)など。→M.アンダーソン

ピストン

内燃機関,往復ポンプなどのシリンダー内を往復運動する円柱状または円板状の部品。エンジンの燃焼ガスのエネルギーを取り出し,またポンプでは取り扱う液体に圧力を加える。
→関連項目ピストン・クランク機構プランジャー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

ピストン

アメリカ合衆国の作曲家。新古典主義的な作風が特徴である。ピアノと室内管弦楽のための小協奏曲の他、交響曲やヴィオラ協奏曲、弦楽四重奏やバレーのための作品を創作した。
イタリア系のピストンは当初、画家 ...続き

出典 (社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ピストン【Walter Piston】

1894‐1976
アメリカの作曲家,音楽教育家。ハーバード大学で学んだのち,パリでN.ブーランジェとデュカースに師事。1926年母校の講師になり,44‐60年音楽教授として後進の育成に貢献した。《和声学》(1941),《対位法》(1947),《管弦楽法》(1955)などの著書は教科書として広く用いられている。作曲家としては,八つの交響曲をはじめ器楽作品が多く,堅実な構成をもつ音楽を得意とした。【三浦 淳史】

ピストン【piston】

流体の圧力を受け,あるいは流体を圧縮しながらシリンダー内を往復運動し,流体との間にエネルギーの授受を行う往復式機械の主要部分。円板もしくは比較的高さの低い円筒形状のものが多い。この往復運動と回転運動の変換は,一般の往復式内燃機関のように,連接棒とクランク機構によるのがふつうであるが,油圧ポンプなどでは斜板機構も用いられる。また連接棒がピストン本体のもつピストンピンに直接連結されるもの(トランク型)とクロスヘッドおよびピストンロッドを介して連接棒が連結されるもの(クロスヘッド型)とがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ピストン【piston】

蒸気機関・内燃機関などのシリンダー内を往復運動する、円柱形または円盤状の部品。活塞かつそく。喞子しよくし。吸い鍔つば
金管楽器の管長を調節し、音高を変えるための装置。半音階を可能にし正確な音を作り出す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ピストン

〘名〙 (piston)
① 蒸気機関、ポンプなどの円筒内にはめこまれ、内壁に密着しながらその中を往復運動する扁平または筒型の栓状のもの。筒内の流体の圧力によって運動を起こしてその力を外部に伝えたり、逆に外力によって運動し筒内の流体に圧力を伝えたりする。また、ピストン棒、あるいはピストンを内装するシリンダー(気筒)を含めてもいう。活塞(かっそく)。ラム。プランジャー。〔舶用機械学独案内(1881)〕
② 半音階を吹奏できるように、金管楽器にとりつけられた管長を変える装置。
※シベリヤ物語(1950‐54)〈長谷川四郎〉舞踏会「スライド・トロンボンを取って〈略〉その細長いピストンを、いろいろと辷らせ、動かしていた」
③ 休みなく往復すること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のピストンの言及

【内燃機関】より

…内燃式は燃料と空気の混合物よりなる作動流体そのものを着火・燃焼させ,高温高圧の作動ガスを得る方式である。内燃式のうち作動流体を一定容積のシリンダー内で燃焼させ,ピストン・クランク機構(またはローター偏心軸機構)により膨張仕事を取り出すことを繰り返す方式を容積形といい,一方,作動流体を燃焼室内で連続的に燃焼させ,得られた高温・高圧の燃焼ガスを高速で回転羽根車にふきつけて仕事を取り出す方式を速度形という。いずれの方式も作動流体の冷却は,これを大気(低温熱源)へ放出することにより行っている。…

※「ピストン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ピストンの関連情報