コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダンパー ダンパー damper

翻訳|damper

3件 の用語解説(ダンパーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ダンパー(damper)

振動エネルギーを消散させて衝撃または振動の振幅を軽減する装置。自動車鉄道車両などに使用。制振器。吸振器。
ピアノチェンバロなどで、弦の振動を止める装置。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サーフィン用語集の解説

だんぱー 【ダンパー Dumper】

良い波は普通、左右どちらかにだんだんに崩れていくが、ダンパーの波はいっぺんに崩れてしまい、LeftにもRightにも行くことができない。崩れる場所の地形が砂地で平坦だったりするとなりやすい。ダンパーで波が掘れていたりするとサーフィンするにはあまり適していないと言える。上級者の中にはこのダンパーの波を好む人もいる。

出典|(株)デジサーフ、(株)セキノレーシングスポーツ
Copyright(c)2006 i92surf.com All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ダンパー【damper】

ばねやゴムのような弾性体などを用いて、衝撃を弱めたり、振動が伝わるのを止めたりするための装置。油の粘性抵抗を用いた自動車のショック-アブソーバー、電気計器の指針の振動を止める制動装置など。緩衝器。
ボイラーなどの煙道や空調装置の空気通路に設けて、煙の排出量、空気の流量を調節するための装置。
ピアノ・チェンバロで、弦の振動を抑える装置。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダンパーの関連キーワードアンダンテコントラポスト合掌ひねり下に居る袋床モダンダンス片縒りどちらかが彼女を殺したどちらかが魔女/森博嗣シリーズ短編集虚歩

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ダンパーの関連情報