先進(読み)せんしん

精選版 日本国語大辞典「先進」の解説

せん‐しん【先進】

〘名〙
① ある一つの分野で、年齢、地位、技量などが先に進んでいること。また、その人。先輩。⇔後進
※懐風藻(751)在常陸贈倭判官留在京・序〈藤原宇合〉「理合先進、還是後夫」
※小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉上「先進(センシン)大家がものしたりし論文のみを摸範とせば」 〔論語‐先進〕
② 発展の段階や進歩の度合が他より進むこと。また、進んでいること。⇔後進
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉ハイカラ紳士「苟くも文明の先進を以て任ずるものは」
③ (「論語‐先進」の「先進於礼楽野人也、後進於礼楽君子也」から) いやしい男。野人。
※懐風藻(751)従駕〈大神高市麻呂〉「臣是先進輩、濫陪後車賓」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「先進」の解説

せん‐しん【先進】

発展の段階、進歩の程度が他より進んでいること。「先進の技術」
年齢・地位などが上であること。また、その人。先輩。⇔後進

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android