スタンボリスキ(英語表記)Aleksandǎr Stambolijski

世界大百科事典 第2版の解説

スタンボリスキ【Aleksandǎr Stambolijski】

1879‐1923
ブルガリアの政治家,農民同盟の指導者。第1次世界大戦中,親独派の国王フェルディナンドの参戦に反対して投獄され(1915‐18),敗戦後,連立内閣に入閣(1918),1919年首相に就任してヌイイー講和条約に調印した。20年農民同盟単独内閣を組閣し,急進的な農地改革や累進課税制などを実施したが,危機感を抱いた王制派,軍部,ブルジョアジーのクーデタで逮捕され,惨殺された。【小船井 文司】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のスタンボリスキの言及

【ブルガリア】より

ヌイイー条約では,一部領土をセルビアに,西トラキアをギリシアに割譲してエーゲ海への出口を失い,多額の賠償金を課せられた。ボリス3世(在位1918‐43)は19年,農民同盟のスタンボリスキを首相に任命したが,その近隣諸国との協調政策と急進的な改革は右派の反発を買い,23年,ツァンコフAleksandâr Cankov(1878‐1959)らのクーデタでスタンボリスキは惨殺された。これに対し共産党(労働者社会民主党(狭義派)が改称)は初め傍観者的態度をとり,コミンテルンに批判されて蜂起(九月蜂起)に踏み切ったが失敗に終わり,激しいテロに見舞われた。…

※「スタンボリスキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android