コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スタンボリスキ Aleksandǎr Stambolijski

世界大百科事典 第2版の解説

スタンボリスキ【Aleksandǎr Stambolijski】

1879‐1923
ブルガリアの政治家,農民同盟の指導者。第1次世界大戦中,親独派の国王フェルディナンドの参戦に反対して投獄され(1915‐18),敗戦後,連立内閣に入閣(1918),1919年首相に就任してヌイイー講和条約に調印した。20年農民同盟単独内閣を組閣し,急進的な農地改革や累進課税制などを実施したが,危機感を抱いた王制派,軍部,ブルジョアジーのクーデタで逮捕され,惨殺された。【小船井 文司】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スタンボリスキ
すたんぼりすき

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のスタンボリスキの言及

【ブルガリア】より

ヌイイー条約では,一部領土をセルビアに,西トラキアをギリシアに割譲してエーゲ海への出口を失い,多額の賠償金を課せられた。ボリス3世(在位1918‐43)は19年,農民同盟のスタンボリスキを首相に任命したが,その近隣諸国との協調政策と急進的な改革は右派の反発を買い,23年,ツァンコフAleksandâr Cankov(1878‐1959)らのクーデタでスタンボリスキは惨殺された。これに対し共産党(労働者社会民主党(狭義派)が改称)は初め傍観者的態度をとり,コミンテルンに批判されて蜂起(九月蜂起)に踏み切ったが失敗に終わり,激しいテロに見舞われた。…

※「スタンボリスキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スタンボリスキの関連キーワード島津保次郎溝口健二衣笠貞之助実験映画おもなお雇い外国人村田実ボアボードランジーメンス(電気機器メーカー)朝日新聞マーシャル(Alfred Marshall)

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android