入閣(読み)にゅうかく

精選版 日本国語大辞典「入閣」の解説

にゅう‐かく ニフ‥【入閣】

〘名〙 国務大臣として内に列すること。
※一年有半(1901)〈中江兆民〉三「他に意趣有りたる可きも、外より之を察すれば、入閣に急にして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「入閣」の解説

【入閣】にゆう(にふ)かく

には天子政殿に入ること。は大学士が文淵閣に入り政務に預かった。〔明史、職志一〕淵閣に直して、に參預す。閣臣の務に預かるは、此れより始まる。然れども其の時閣に入るは、皆讀の官なり。

字通「入」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android