入閣(読み)ニュウカク

デジタル大辞泉 「入閣」の意味・読み・例文・類語

にゅう‐かく〔ニフ‐〕【入閣】

[名](スル)国務大臣として内閣に加わること。「民間から入閣する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「入閣」の意味・読み・例文・類語

にゅう‐かくニフ‥【入閣】

  1. 〘 名詞 〙 国務大臣として内閣に列すること。
    1. [初出の実例]「他に意趣有りたる可きも、外より之を察すれば、其入閣に急にして」(出典:一年有半(1901)〈中江兆民〉三)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「入閣」の読み・字形・画数・意味

【入閣】にゆう(にふ)かく

唐・宋には天子政殿に入ること。明は大学士文淵閣に入り政務に預かった。〔明史、職官志一〕淵閣に直して、務に參預す。閣臣の務に預かるは、此れより始まる。然れども其の時閣に入るは、皆讀の官なり。

字通「入」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android