スティーブン チュー(英語表記)Steven Chu

現代外国人名録2016の解説

職業・肩書
物理学者 スタンフォード大学教授 元米国エネルギー長官

国籍
米国

生年月日
1948年2月28日

出生地
ミズーリ州セントルイス

専門
気候変動

学歴
ロチェスター大学,カリフォルニア大学バークレー校

学位
Ph.D.(カリフォルニア大学バークレー校)〔1976年〕

資格
米国科学アカデミー会員, ロイヤル・ソサエティ外国会員〔2014年〕

受賞
ノーベル物理学賞〔1997年〕,フンボルト賞〔1995年〕

経歴
中国系移民の家族に生まれる。カリフォルニア大学バークレー校で2年間研究を続けた後、AT&Tベル研究所に入り、1983年量子エレクトロニクス研究部門長。’87年〜2004年スタンフォード大学教授、1990〜93年物理学部長も務めた。2004年ローレンス・バークレー国立研究所所長となり、代替エネルギーや再生可能エネルギーの開発に取り組む。早くから原子の動きを止める方法について研究を続け、1985年ナトリウム原子にレーザー光を当てて熱エネルギーを奪い減速させるドップラー冷却法を開発し、絶対温度100万分の240度を実現した。’97年レーザー光による原子冷却トラップ法の開発の功績でクロード・コーエンタヌジ教授、ウィリアム・フィリップス博士とともにノーベル物理学賞を受賞。2009年1月オバマ政権でエネルギー長官に就任。2013年1月2期目も留任するが、4月辞任。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android