コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ステンキル Stenkil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ステンキル
Stenkil

[生]?
[没]1066
スウェーデン王 (在位 1060~66) 。スキョル朝滅亡後,ユトラント (ユラン) から出てステンキル朝 (60~1122) を開いた。熱心なキリスト教徒で,ブレーメン大司教とともにスウェーデンのキリスト教化に努力したが,異教側の反乱が絶えず,治世中には成功しなかった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ステンキルの関連キーワードスベルケルスキョル

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android