コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストリートファッション すとりーとふぁっしょんstreet fashion

3件 の用語解説(ストリートファッションの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

ストリートファッション

1960年代、若者独自の風俗ファッションが出現した。64年、アイビースタイルみゆき族が東京・銀座に登場。続いてミニスカートパンタロン、ホットパンツなどが流行、60年代末にはヒッピースタイルへと移行した。ヒッピーの反戦や反体制を表す手段は、長髪にジーンズフォークロア調の服だった。70年代後半には、女性の自立が社会現象にもなり、保守的で大人っぽいニュートラやハマトラなどが流行。一方、東京・原宿では、奇抜なファッションで踊る竹の子族も話題となる。80年代のDC(designer‐character)ブランドブーム時には、川久保玲(コムデギャルソン)らの作風を模した、真っ黒でボロボロのスタイルが流行、カラス族と呼ばれた。バブル期の80年代後半は、ワンレングスにボディコンのスタイルがもてはやされ、また、流行に敏感なHanako族が登場した。90年代初めにバブル経済がはじけ、流行のキーワードは「物」から「心」へ移り、脱・高級ファッションが進む。フレンチカジュアルグランジ、古着がブームになり、一方で下着同然のスリップドレスが流行、従来のルールを無視した東京カジュアルも誕生する。コギャルと呼ばれる女子高生が、ストリートファッションの主役になった。近年の不況下で、癒やし系ファッションとして、ゆったりとしたワーク調の裏原系、ゆるデコ系などリラックス感のあるスタイルが人気になった。華やかなカジュアルファッションのセレブ系や、ゴシック調のロリータファッション、ゴスロリ系も広がっている。

(上間常正 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

大辞林 第三版の解説

ストリートファッション【street fashion】

街の中の若者たちのファッション。自然発生的に形成されたもの。ストリート-カジュアル。ストリート-スタイル。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ストリートファッションの関連キーワードメタボリズム安保闘争朝鮮映画電子工業日本社会党韓国市民運動農家経済第5世代コンピューターR.E.M.

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ストリートファッションの関連情報