コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストローブマツ Pinus strobus; white pine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ストローブマツ
Pinus strobus; white pine

マツ科の常緑高木。北アメリカ東部地方に生える5葉性のマツで,高さ 30~50mに達する。球果は長さ 10~15cm,直径 2.5~4cmある。多数の変種が知られている。材は白く軟質であるが北アメリカでは林業上最も有用な樹種とされる。なお,北アメリカの太平洋岸でホワイトパインと呼ばれるのは本種とは別種のモンティコラマツ P. monticolaで材はやや淡褐色を帯びる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のストローブマツの言及

【マツ(松)】より

…ヤクタネゴヨウP.armandii Planch.var.amamiana (Koidz.)Hatus.は中国,台湾に分布するタカネゴヨウの変種で,鹿児島県種子島と屋久島の特産である。外国産では,ストローブマツP.strobus L.(英名eastern white pine)が北アメリカ東部唯一の種で,高さ50mに達する重要な林業樹種であるが,ヨーロッパから入った発疹銹病(はつしんさびびよう)が甚大な被害を与えている。北アメリカ西部には近縁のモンチコラマツP.monticola Dougl.(英名western white pine)がある。…

※「ストローブマツ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ストローブマツの関連キーワードMonticolaマツ科

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android