コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

球果 きゅうかcone; strobilus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

球果
きゅうか
cone; strobilus

木化した鱗片状の葉 (鱗片葉) が球状に集ってできている果実裸子植物のマツ,スギ,モミ,ヒノキなどの果実がこの例で,これらの植物は雌雄異花で,雌花は球花と呼ばれ1本の軸に多数のめしべがつく。受精後めしべは発達し,軸上に多数の鱗片葉をつくり,全体として球形または楕円体の球果となる。鱗片葉のつけ根には通常翼をもった種子が2個ずつ付着している。鱗片葉は種子をつける種鱗とその裏側にある包鱗とから成り,植物の種によりいろいろな形をしている。種鱗は花期に胚珠をつける一種の大胞子葉である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐か〔キウクワ〕【球果/×毬果】

裸子植物の、特に松・杉などの針葉樹がつくる果実。多数の木質の鱗片(りんぺん)が重なって球形や円錐形をなすもの。種子は各鱗片の内側につく。松の場合は松かさとよばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

球果
きゅうか

裸子植物のマツ科、スギ科、ヒノキ科、ビャクシン科のような、いわゆる針葉樹類の果実を総称していう。これらの植物は雌雄異花で、マツ科やスギ科では多数の雌花が一つの軸上に螺旋(らせん)状につき、ヒノキ科では数個の花が2個ずつ対(つい)につく。この雌花が成熟すると、軸上に木質化した多くの鱗片(りんぺん)をつくり、全体としてこれが球状あるいは楕円(だえん)体状を呈するので球果という。とくにマツ科植物の場合に球果を「まつかさ」という。
 球果の鱗片は乾湿運動によって開閉し、鱗片の上について裸出している種子が散布される。この鱗片は若いときは種鱗(しゅりん)といい、この上面に胚珠(はいしゅ)がついている。種鱗の下側の基部に包鱗(ほうりん)があり、マツ科では小さく離生しているが、スギやコウヤマキでは大形で種鱗と包鱗は癒合している。つまり、鱗片はこの二つのものからできている。種鱗は多くの場合木質化するが、ネズ属では肉質の液果状で、そのためこれを肉質球果ということがある。クロマツでは開花の翌年に球果となる。[吉田 治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の球果の言及

【球果植物】より

…マツ,スギ,ヒノキ,マキなど一般に球果をつくる植物群の総称で,ソテツ類,グネツム(マオウ)類とともに裸子植物を三分する分類群。コルダイテス目,球果目,イチイ目を含み,広義にはイチョウ目を加えることもある。…

※「球果」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

球果の関連キーワードオオシラビソ(大白檜曾)シダレイトスギ(垂糸杉)ダイオウショウ(大王松)ハイマツ(這松)檜翌檜・桧翌桧ギンザンマシコ糸檜葉・糸桧葉カナビキソウバルサムモミピレネーマツポドザミテスナンヨウスギホシガラスコニファーニルソニアボルチアトドマツイトスギ伊豆千両児の手柏

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

球果の関連情報