コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スバンドゥ スバンドゥ Subandhu

1件 の用語解説(スバンドゥの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スバンドゥ
スバンドゥ
Subandhu

インドの伝奇小説『バーサバダッター』 Vāsavadattāの作者であるといわれている。それ以外は不明。同じ伝奇小説作家のバーナ (7世紀) がスバンドゥを模倣しているといわれ,また詩論学者バーマナ (800頃) が『バーサバダッター』を引用していることなどから考えて,彼の年代は7世紀頃と推定される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のスバンドゥの言及

【インド文学】より

…このほかにもバッタナーラーヤナBhaṭṭanārāyaṇa(7~8世紀),ビシャーカダッタViśākhadatta(9世紀),ラージャシェーカラ(10世紀)など多くの劇作家が輩出した。7世紀ころには散文の伝奇小説が台頭し,ダンディン,スバンドゥSubandhu,バーナBāṇaの3巨匠が相前後して出て,独特の分野を開拓した。 世界文学の上から最も重要な意義をもっているのはインドの説話文学である。…

※「スバンドゥ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スバンドゥの関連キーワード伝奇伝奇小説バーラトサバーバン毒婦伝奇忍法封印叛旗兵バターサンドの夜伝奇漫録《スバプナバーサバダッター》

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone