コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伝奇小説 デンキショウセツ

世界大百科事典内の伝奇小説の言及

【伝奇】より

…おもな作品は〈崔煒(さいい)〉〈崑崙奴(こんろんど)〉〈聶隠娘(じよういんじよう)〉〈孫恪(そんかく)〉などで,怪奇浪漫的傾向が強く,後世の戯曲小説の好材料となっている。
[伝奇小説の略称]
 唐代小説の中でも恋愛豪俠を題材とするやや長編の作品をいう。南宋末の恵康野叟(1210ころ在世)が《識余》巻四に小説を6分類し,その1〈志怪〉に《捜神記》《述異記》《宣室志》《酉陽雑俎(ゆうようざつそ)》,その2〈伝奇〉に〈趙飛燕外伝〉〈楊太真外伝〉〈鶯鶯伝〉〈霍小玉(かくしようぎよく)伝〉などを挙げているのが小説ジャンル分類用語としての始まりで,六朝,唐,宋の長期間に及ぶ漠然としたものであった。…

※「伝奇小説」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

伝奇小説の関連キーワード忍法封印いま破る陰獣トリステサ柳生十兵衛死すカルパチアの城天の川を斬る日本男子物語海鳴り忍法帖自来也忍法帖室町お伽草紙忍法双頭の鷲忍者黒白草紙武蔵野水滸伝忍法魔界転生愛獄の父母妖の忍法帖軍艦忍法帖悲願三代塔さけぶ雷鳥花と火の帝忍法忠臣蔵

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伝奇小説の関連情報