伝奇小説(読み)でんきしょうせつ

精選版 日本国語大辞典「伝奇小説」の解説

でんき‐しょうせつ ‥セウセツ【伝奇小説】

〘名〙
伝奇的な事柄を主題とする小説。〔新らしい言葉の字引(1918)〕
② 中国で唐宋代につくられた短編物語のこと。
※日本詩史(1771)三「是時京師已有伝奇小説

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「伝奇小説」の解説

でんき‐しょうせつ〔‐セウセツ〕【伝奇小説】

伝奇的な題材を扱った空想的内容をもつ小説。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の伝奇小説の言及

【伝奇】より

…おもな作品は〈崔煒(さいい)〉〈崑崙奴(こんろんど)〉〈聶隠娘(じよういんじよう)〉〈孫恪(そんかく)〉などで,怪奇浪漫的傾向が強く,後世の戯曲小説の好材料となっている。
[伝奇小説の略称]
 唐代小説の中でも恋愛豪俠を題材とするやや長編の作品をいう。南宋末の恵康野叟(1210ころ在世)が《識余》巻四に小説を6分類し,その1〈志怪〉に《捜神記》《述異記》《宣室志》《酉陽雑俎(ゆうようざつそ)》,その2〈伝奇〉に〈趙飛燕外伝〉〈楊太真外伝〉〈鶯鶯伝〉〈霍小玉(かくしようぎよく)伝〉などを挙げているのが小説ジャンル分類用語としての始まりで,六朝,唐,宋の長期間に及ぶ漠然としたものであった。…

※「伝奇小説」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android