スピードリミッター(読み)すぴーどりみったー(英語表記)speed limiter

知恵蔵「スピードリミッター」の解説

スピードリミッター

高速道路での大型トラック事故を減らすため、アクセルを踏んでも時速90km以上は出せなくする速度抑制装置。国土交通省は2003年秋から取り付けを義務付けた。対象は、総重量8t以上か最大積載量5t以上のトラックのうち03年9月以降に発売された新車。スピードリミッターは、速度が時速90kmを超えると自動的にエンジンへの燃料供給が抑制される仕組み。トラック業界からは「大型トラックだけが速度が遅いと渋滞を引き起こす」「荷物の到着が遅れる」「時速80km程度で走ると眠くなる」などの反発もあるが、国交省は「速度規制は、業者間のスピード競争を緩和する効果もある」としている。

(平栗大地 朝日新聞記者 / 松村北斗 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉「スピードリミッター」の解説

スピード‐リミッター(speed limiter)

自動車最高速度を抑える装置。車両総重量8トン以上または最大積載量5トン以上の大型トラックについては、平成15年(2003)9月から、道路運送車両法によって、時速90キロ以上出ないよう、装置の装着が義務づけられた。速度抑制装置。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android