コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スフェライト spherite

岩石学辞典の解説

スフェライト

使い方が複数ある.フェドロフは重鉱物がマグマの中を沈みマグマの底に沈積する間に再び吸収されて球形となったものをいう[Fedorov : 1903].ブッチャーは球顆状または魚卵状の岩石の中の球状の粒をいう[Bucher : 1918].この語とは別にスフェーライト(sphaerite)というバリシア石(variscite)と同一種の燐酸アルミニウム鉱物があり,混同しやすい名称である.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android