コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スミイカ(墨烏賊) スミイカ

世界大百科事典 第2版の解説

スミイカ【スミイカ(墨烏賊)】

主としてコウイカ(ときにはシリヤケイカなども)に対する市場名または遊漁者間の通称。死ぬと括約筋が緩んで墨汁囊からインクがだらだらと出るところからこう呼ばれる。コウイカ【奥谷 喬司】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のスミイカ(墨烏賊)の言及

【コウイカ】より

…触腕掌部には10~16列の同じ大きさぐらいの小吸盤が並ぶ。背面の外套(がいとう)に包まれて石灰質の貝殻(甲)があるのでこの名があるが,その後端が針状に突出し鋭いのでハリイカともいい,またマイカとも呼ばれ,釣師や市場ではスミイカと称される。本州中部以南,オーストラリア北部,アフリカ沖まで分布する。…

※「スミイカ(墨烏賊)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android