コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

墨汁 ボクジュウ

デジタル大辞泉の解説

ぼく‐じゅう〔‐ジフ〕【墨汁】

墨をすった汁。特に、すぐに使えるように製造した黒色の墨液。
イカ・タコの体内にある黒い汁。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

墨汁【ぼくじゅう】

カーボンブラック(にかわ)の溶液と練り混ぜ,防腐剤香料等を加えた液。色が濃く使用が簡便だが,に比べ雅致は劣る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ぼくじゅう【墨汁】

墨をすった黒い汁。また、すぐに使えるように製造した黒色の墨液。
イカ・タコの黒い排出液。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

墨汁
ぼくじゅう

筆記用としてすぐに使えるようにした墨液。1900年(明治33)に田口精爾(せいじ)が初めて墨汁の製造に成功して、実用化された。油煙、松煙、カーボンブラックなどの顔料を主原料とし、それらを水に分散させるため、膠(にかわ)や合成樹脂(ポリビニルアルコール)などを加えて一定の粘性を出している。また、湿度の少ない冬季などに凝固するのを防ぐため、吸湿性の強い塩化石灰も混入されている。油煙などの炭素を多く含む高級品は、とくに液体墨とよばれ、書家用と一般用がある。それに学童用、工業用の墨汁のほか、ねり墨、朱色顔料を入れた添削用の朱液などがある。顔料の粒子が細かく沈殿をおこさないもの、光沢がよくて黒いもの、にじみの少ないものなどが良品である。[野沢松男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の墨汁の言及

【墨汁腺】より

…軟体動物頭足類特有の器官で,直腸上の肛門のすぐ背側にある墨汁囊ink sac中にあって墨汁ink(いわゆるイカの墨)を分泌する腺。墨汁囊はスポイト状で,輸管(墨汁管)には開口近くに括約筋が二つあって墨汁の排出を制御できる。…

※「墨汁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

墨汁の関連キーワードスミイカ(墨烏賊)からす(烏)口クッパー星細胞墨汁嚢・墨汁囊石ノ森章太郎保護コロイド墨塗教科書赤塚不二夫筆を染める思えらくカーボン烏賊の墨墨流し染スミイカビステキ懸濁液入れ墨硯の海墨汁腺遣る瀬

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

墨汁の関連情報