コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

墨汁 ボクジュウ

4件 の用語解説(墨汁の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぼく‐じゅう〔‐ジフ〕【墨汁】

墨をすった汁。特に、すぐに使えるように製造した黒色の墨液。
イカ・タコの体内にある黒い汁。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

墨汁【ぼくじゅう】

カーボンブラック(にかわ)の溶液と練り混ぜ,防腐剤,香料等を加えた液。色が濃く使用が簡便だが,に比べ雅致は劣る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ぼくじゅう【墨汁】

墨をすった黒い汁。また、すぐに使えるように製造した黒色の墨液。
イカ・タコの黒い排出液。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

墨汁
ぼくじゅう

筆記用としてすぐに使えるようにした墨液。1900年(明治33)に田口精爾(せいじ)が初めて墨汁の製造に成功して、実用化された。油煙、松煙、カーボンブラックなどの顔料を主原料とし、それらを水に分散させるため、膠(にかわ)や合成樹脂(ポリビニルアルコール)などを加えて一定の粘性を出している。また、湿度の少ない冬季などに凝固するのを防ぐため、吸湿性の強い塩化石灰も混入されている。油煙などの炭素を多く含む高級品は、とくに液体墨とよばれ、書家用と一般用がある。それに学童用、工業用の墨汁のほか、ねり墨、朱色顔料を入れた添削用の朱液などがある。顔料の粒子が細かく沈殿をおこさないもの、光沢がよくて黒いもの、にじみの少ないものなどが良品である。[野沢松男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の墨汁の言及

【墨汁腺】より

…軟体動物頭足類特有の器官で,直腸上の肛門のすぐ背側にある墨汁囊ink sac中にあって墨汁ink(いわゆるイカの墨)を分泌する腺。墨汁囊はスポイト状で,輸管(墨汁管)には開口近くに括約筋が二つあって墨汁の排出を制御できる。…

※「墨汁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

墨汁の関連キーワードカーボンコピーカーボンブラックランプブラック東海カーボンカーボンカーボン写真カーボンロッドカリビアンブラックアイン ブラックブラックターボ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

墨汁の関連情報