インク(英語表記)ink

翻訳|ink

大辞林 第三版の解説

インク【ink】

筆記用または印刷用の、色のついた液体。筆記用の青黒インクは没食子酸もつしよくしさん・硫酸鉄(Ⅱ)・タンニン酸・アニリン色素などの混合液。鉄(Ⅱ)塩が空気に触れて鉄(Ⅲ)塩となって不溶化し、青黒色となる。普通の筆記用インクは染料・顔料を溶媒に溶かしたもの。印刷インクは顔料を展色剤・ワニスなどで練ってつくる。インキ。 〔江戸中期オランダ人により伝来。古くはインキ。現在でも印刷関係では多くインキという〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

インク

〘名〙 (ink)⸨インキ⸩ (明治期は「インキ」が優勢、のち「インク」が普通になった) 筆記や印刷などに用いられる有色の液体。ふつう単独で用いる場合は①をさす。
① ペン、万年筆を用いて筆記するための液体。赤、緑、黒、青、藍青などがあるが、最も広く用いられる藍青色(ブルーブラック)はタンニン酸に硫酸第一鉄を加えたもの。
※東京日日新聞‐明治七年(1874)七月二日「但ペン、インキ等相用候節は、別途買上相渡可申事」
② 印刷インク。
※黒い御飯(1923)〈永井龍男〉「印刷所特有の、鉛や、紙や、インキの湿った臭ひ」
③ ボールペン、フェルトペン、その他各種の筆記用具で筆記するための有色の液体。
[語誌]インキとインクの二つの語形については、インキ(ト)の原語をオランダ語の inkt と考え、江戸中期に渡来して一旦定着した後に、英語を原語とするインクが広まったと考える説と、オランダ語の影響は実際には大きくなく、同じく英語を語源としながら最初はインキが、そして続いて音転形のインクが、ともに定着したと考える二つの説がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のインクの言及

【インキ】より

…インクともいう。インキを用途別に分類すると,筆記用インキ(タンニン酸鉄インキ,色インキ,墨汁など),印刷インキ,各種の特殊インキなどがあるが,単にインキという場合は,タンニン酸鉄インキ(ブルーブラック・インキ)を中心とした筆記用インキを指す。…

※「インク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

インクの関連情報